真空装置の開発生産に120年の歴史を持つ米国ウェルチ社の真空ポンプは、種々の腐食性ガス(有機性系、酸性系、アルカリ性系)を効率よく吸引するために、シール、部品、オイルに特別な配慮を施した、数少ない真空ポンプです。真空ポンプとしての性能はもとより、耐久性、信頼性に優れています。(画像をクリックすると別ブラウザで大きい画像が見えます)
耐腐蝕型ケミカル用真空ポンプ
#1.腐蝕性ガスに対する高い許容性
   ・大型オイル槽により混入物の希釈作用
   ・オイルは上部の穴からポンプに吸い込まれる
    (一般的には下から吸う方式が多い)
   ・可動部分の削減によりポンプの寿命延長

困難なアプリケーションを可能にした
#2.主要部分を耐腐食性材質で構成
    ・バイトン
    ・テフロン
    ・SUS鋼材
    ・ニッケル合金

   ・耐薬性鋳鉄材
          化学侵食に強い
#3.摩擦部品の削減
一般の真空ポンプが1700rpm以上で回転
しているのに対して、ケムスターは580rpm
以下に回転数を抑えた結果・・・・・・
  故障の低減、寿命延長
#4.窒素パージ機能対応
(a)脱ガス効果、および(b)冷却効果により、
ポンプ内の腐食作用をおさえる

        腐蝕の減退
トップページへ 耐腐蝕型真空ポンプのアクセサリー  耐腐蝕型真空ポンプの仕様   お問い合わせ  
トップページへ 耐腐蝕型真空ポンプのアクセサリー  耐腐蝕型真空ポンプの仕様   お問い合わせ  
検索キーワード:tfa,TFA,TFA,ウエルチ,ウェルチ,ケムスター,トリフルオロ酢酸,耐酸,耐蝕,真空ポンプ,半導体,製造装置,真空,ケミカル,耐腐蝕,腐蝕,酸,酸性,バイオス,バイオス・リミッテッド